インプラントの失敗・事故

インプラントの失敗例

インプラントの失敗例

 インプラントの失敗というと、インプラントが揺れてしまって噛む事が出来ない事態が考えられます。インプラントの失敗の最大の原因は手術時に発生しています。それ以外では、被せ物をして1年後に集中しています。従って、その間は無理をしないで過ごす事が推奨されています。
外科手術の失敗も、現在では歯科用マイクロCTがあれば、殆ど予防出来るようになっています。

インプラントと院内感染

インプラントと院内感染

 インプラント自体は完全滅菌物を体内に埋め込む手術ですので、感染して炎症症状を起こしている歯を抜歯するのよりも感染の危険性は少ないと考えて良いでしょう。ですから、院内感染の危険性は格段に低いと言えますので、ご安心下さい。

インプラントの成功率

インプラントの成功率

 正しい治療が行なわれた場合、一般的に成功率は97%以上と言われています。しかし、この率はあまり平均値として当てに出来る数字ではなく、それぞれの歯科医師個人個人で全く異なっているものです。なので、それを公表出来る歯科医を探すべきでしょう。     

インプラントのクレーム

 一番多いのが、外科手術に基く痛み・腫れ・審美障害でしょう。次いで、被せ物に対する不満足感によるものが多いでしょう。
これらを避けるには、外科手術で大きな手術をしない事、最小限の侵襲の手術を1回きりで行う事が勧められます。そして被せ物に対するクレームに関しては、仮歯の段階を踏んで、機能と審美を満足出来るレベルである事を確認した上で、製作に掛かるという手順を必須とすれば、大きな問題発生とはならないでしょう。

インプラントのクレーム